泉川かわら版

DDT

WHOがDDTの再使用を認めましたが、これは問題です。マラリアを媒介する蚊を退治するのが目的といっていますが、環境汚染するのは明らかです。これまでもマラリアが発生する国にはDDTの使用を認めてきたのですから、その方法を維持するので十分と考えます。DDTが誰でも入手できると環境汚染が深刻化します。

蜘蛛の巣

雨後のタケノコじゃないけれど、雨後の蜘蛛の巣です。雨の後、通路のあちこちに蜘蛛の巣があり、顔にべちゃっとくっつきます。粘っこいので、引っ張っても簡単には取れません。蜘蛛の糸が何か利用できないでしょうか

減ったスズメ

スズメは人間にとって身近な野鳥ですが、最近スズメの姿が見えなくなったという人が増えてきました。スズメが鳥インフルエンザにかかり死んだのでしょうか。自然界の異変が進んでいるようです。人間にとって脅威が差し迫っているかもしれません。皆さんスズメに注目しましょう。

睡眠時無呼吸症候群

本院では、睡眠時無呼吸症候群診断のための検査ができます。イビキをかく人、とにかく眠い人は検査を受けましょう。自宅でもできる簡単な検査です。放置すると、高血圧、糖尿病、脳血管障害などを引き起こす可能性があります。検査内容につきましてはお気軽にお尋ねください。

佗助

医院の裏庭に佗助という上品な白色の椿があります。その花の蜜を求めてメジロのご夫婦が飛来しました。メジロは綺麗な鴬色の羽根を纏い目の回りに白色の輪を持っているのが特徴です。可哀相なことにメジロはゆっくり花の蜜を啄めないのです。意地悪なヒヨドリが何処からともなく飛来して蜜を独占しょうとメジロを追い払います。するとメジロは葉が繁った陰に隠れ別の花の蜜を啄め始めます。ヒヨドリが執拗にメジロを追い掛けますが、メジロはヒヨドリが抜けられない狭い繁みを巧みに飛び抜けます。いつの間にか見とれてしまいます。
ページトップへ